課題

iRobot 社は最近、図面中心の製品開発プロセス (製品情報すべてが CAD 図面に記載される) から製品データすべてが部品表 (BOM) に維持される部品中心のプロセスに移行しました。組織の全関係者がこの新しい製品開発アプローチから最大限の価値を確実に得られるよう、iRobot 社では "クイック ウィン" アプローチを採用しました。このアプローチでは、プロジェクトが 3 ~ 6 カ月単位で展開されました。これは、チーム メンバーのエネルギーを打ち砕いていた、長期間をかけて完了するプロジェクトとは対照的です。この新しいプロセスにより、関係者は製品データに自由にアクセスし、プロジェクトをより短期間で完了できるようになりました。詳細については、「究極の製品を実現する iRobot の旅」をご覧ください。

 

iRobot 社のロゴ

関連する製品とソリューション

詳細を確認

Windchill の詳細について関心をお持ちの場合は、営業担当者まで今すぐお問い合わせください!