ジェームス・E・ヘプルマン (James E. Heppelmann)

社長兼 CEO (最高経営責任者)

プレス パッケージ (zip 形式) をダウンロード
 

ジェームス (ジム)・ヘプルマンは社長兼 CEO (最高経営責任者) として PTC のグローバル ビジネス戦略と経営を統轄しています。ヘプルマンの CEO 在任期間中、PTC は業界トップクラスの総合力を持ったテクノロジを採り入れ、モノのインターネットにかかわる製品やシステムの開発、連携、解析、運用、サービス提供を進めてきました。PTC の取締役も務めています。

ヘプルマンはモノのインターネット (IoT) の分野の推進者であり、指導的な役割を果たしています。ハーバード大学のマイケル・E・ポーター (Michael E. Porter) 教授とともに、モノのインターネットがビジネスにもたらす大きな影響についての記事を 2 本執筆しました。Harvard Business Review に 2014 年 11 月に掲載された特集記事「How Smart, Connected Products are Transforming Competition」(「接続機能を持つスマート製品」が変える IoT 時代の競争戦略) と、その関連記事として同誌に·2015·年·10·月に掲載された「How·Smart,·Connected·Products·Are·Transforming Companies」(「接続機能を持つスマート製品」が変える IoT 時代の競争戦略) です。

ヘプルマンは Hewlett Packard Enterprise によって「7 IoT Leaders to Watch in 2017」(2017 年に注目すべき 7 人の IoT リーダー) の 1 人に選ばれました。またそれ以前にも PostScapes による「IOT CEO of the Year」、Massachusetts Technology Leadership Council による「Technology CEO of the Year」に選ばれており、モノのインターネットに関する取り組みが評価されて「CAD Society Leadership Award」も受賞しました。ダイナミックなスピーチで定評があり、National Association of Manufacturers (NAM) のイベントでは、「接続機能を持つスマート製品によって製造業がどのように再定義されるのか」といったトピックの基調講演を行い、Brookings Institution のイベントでは「アメリカの高度な産業におけるデジタル化の役割」について話しました。Wall Street Journal、Forbes、Bloomberg Businessweek など、世界中の数々の業界メディアがヘプルマンを紹介し、彼の言葉を引用しています。

ヘプルマンは、自動車および産業用センサーとコントロールの世界的リーダー企業、SENSATA の取締役を務めており、先ごろ MassTLC (Massachusetts Technology Leadership Council) の評議員に選出されました。また、ミネソタ大学理工学部の学長諮問委員会の委員と全国組織である FIRST (For Inspiration and Recognition of Science and Technology) の諮問委員会の執行委員も務めています。さらに、STEMconnector という組織から「Top 100 CEO Leaders in STEM」(STEM 分野をリードする CEO 100 人) の 1 人にも選ばれました。

経歴

2010 年に CEO に就任する以前は、PTC の社長兼 COO (最高執行責任者) として、研究開発、マーケティング、営業、サービスを含む事業部門を統括していました。2001 ~ 2009 年は、PTC の最高技術責任者として、PTC の製品ビジョンと戦略、製品設計と開発、製品マーケティングと管理を担当しました。

ヘプルマンは、PTC が Windchill Technology を買収した 1998 年に入社しました。彼はこのミネソタに拠点を置いていた企業を共同設立し、最高技術責任者を務めていました。Windchill Technology 社を共同設立する以前は、Metaphase Technology 社の最高技術責任者を務めていました。

学歴

ヘプルマンは、ミネソタ大学で機械工学の学士号を取得しています。専門はコンピュータ支援設計です。

クリスチャン・タルヴィティエ (Kristian Talvitie)

上級副社長 (EVP) 兼 最高財務責任者 (CFO)

プレス パッケージ (ZIP 形式) をダウンロード
 

クリスチャン・タルヴィティエは、PTC の上級副社長 (EVP) 兼最高財務責任者 (CFO) です。現在の役職では、PTC の世界全体の会計、資金計画・分析、税務・財務、投資家向け情報、IT 部門を統轄しています。

経歴

タルヴィティエ氏には、2008 年~ 2016 年までの PTC での職務経験を含め、幅広いビジネス バックグラウンドがあります。2002 年~ 2008 年は、エレクトロニクスの委託製造メーカーである Plexus で、市場部門担当副社長、営業およびビジネス開発のリーダー、企業マーケティング担当副社長を歴任しました。PTC には 2008 年に入社し、ジェフ・グリデン (Jeff Glidden) とアンディ・ミラー (Andy Miller) という CFO の下でさまざまな財務の上級職を務めました。2016 年に PTC を退職した後、SaaS およびサブスクリプション企業である Sovos の CFO となり、2018 年にはソフトウェア企業 Syncsort の CFO となりました。

真の変革者であるクリスチャンは、所属してきたすべての企業で部門の壁を越えたイニシアチブを率先し、新しいポリシーを策定したりビジネス プロセスを最適化したりして、市場プレゼンスの拡大と企業収益の増加を実現してきました。

学歴

ボストン大学の経営学修士号とアレゲニー大学の文学士号を取得しています。

 

バリー・F・コーエン (Barry F. Cohen, Ph.D.)

上級副社長、最高戦略責任者

プレス パッケージ (zip 形式) をダウンロード
 

バリー・F・コーエンは、PTC の最高戦略責任者です。社内全体の戦略開発および戦略調整を推進しています。PTC の企業戦略部門、経営企画部門、人事部門を担当しています。コーエンはまた、PTC の世界のアカデミック プログラム部門およびコーポレート マーケティング部門のリーダーも務めています。

経歴

1998 年 1 月、PTC の Computervision 社買収を機に PTC に入社しました。PTC 入社以前は、Computervison 社で人材開発および組織生産性部門のシニア バイスプレジデントを 4 年間務めました。Computervison 社入社以前は、組織改変や重役のコーチングを専門とする経営コンサルティング会社 Possibilities 社の社長を13年間務めました。

コーエンは、リーダーシップや組織改変に関する書籍『The Wellness Sourcebook』、『Ethical Leadership』、『Leadership Myths and Realities』、『The Possibilities Economy: New Capital Development』などの著者または共著者であり、また、専門誌の記事や一連のトレーニング マニュアルも執筆しています。また、専門誌の記事や一連のトレーニング マニュアルも執筆しています。

学歴

ニューヨーク州立大学バッファロー校にて、科学論理哲学の博士号を取得しています。

マット・コーエン (Matt Cohen)

カスタマー サクセス担当上級副社長

プレス パッケージ (zip 形式) をダウンロード
 

 

コーエンは、PTC のカスタマー サクセス担当上級副社長です。カスタマー サクセスは、PTC のお客様が PTC のソリューションから最大限の価値を引き出せるようにサポートすることに特化した部門です。コーエンは、サクセス マネジメント、プロフェッショナル サービス、クラウド サービス、テクニカル サポートを指揮しています。また、PTC のサブスクリプションおよびサポート更新営業もコーエンの責務です。

経歴

2001 年の PTC 入社以降、営業およびサービス組織のさまざまなリーダーシップ職を歴任してきました。PTC のグローバル サービス組織では、販売、製品、およびトレーニング戦略の策定を支えてきました。最近は、PTC の世界全体のコンサルティングおよびトレーニング部門を統括していました。コーエンは、PTC University ビジネスの迅速な成長を押し進め、見守ってきました。

学歴

ハーバード大学で心理学学士号を取得しています。

Matt Cohen

アーロン C. ヴォン・スターツ (Aaron C. von Staats)

上級副社長、相談役

プレス パッケージ (ZIP 形式) をダウンロード
 

アーロン・ヴォン・シュターツは、PTC の上級副社長、相談役、総務担当役員を兼務しています。企業統括、セキュリティ、コンプライアンス、合併および買収、知的財産、技術ライセンス供与、訴訟、雇用、不動産、子会社管理など、世界全体に及ぶ法律およびコンプライアンス問題を担当しています。

経歴

ヴォン・スターツ氏は 1997 年に入社後、2003 年に PTC の相談役に指名されました。PTC 入社前は、ボストンにある法律事務所、Palmer & Dodge LLP でアソシエイトとして勤務していました。法律家としての最初のキャリアは、マサチューセッツ最高裁判所の裁判長 Paul J. Liacos 氏の助手でした。

スターツ氏は、Association of Corporate Counsel、American Bar Association、Boston Bar Association のメンバーでもあります。また、非営利組織 City Year と Arts & Business Council of Greater Boston それぞれの理事会メンバーも務めています。

学歴

ボストン大学ロースクールで、法務博士号を取得しました。

マサチューセッツ大学アマースト校では文学士号を取得しています。

キャスリーン・ミットフォード (Kathleen Mitford)

製品および市場戦略担当上級副社長

プレス パッケージ (zip 形式) をダウンロード
 

キャスリーン・ミットフォードは、PTC の製品および市場戦略担当上級副社長です。ThingWorx Platform および CAD / PLM / ALM / MFG / SLM ソリューションの両方にわたる市場機会の調査と高度に調整された革新的な製品プランの策定を担当しています。

経歴

ミットフォードはこれまで PTC で事業分野、市場調査、競争戦略、業界別チームを指揮する複数の戦略的な役割を務めてきました。最近までは、IoT ソリューション グループの製品担当ゼネラル マネージャとして、PTC のデジタル エンジニアリング、製造、サービス製品におけるリーダーシップと戦略を担当していました。その前は、戦略担当副社長として、PTC のモノのインターネット (IoT) 戦略の推進力となっていました。製造メーカーのこの新しい機会に適応するための PTC の変革を先導し、経営幹部および取締役会とともに PTC の長期戦略を策定しました。複数の戦略的な変革プログラムやソート リーダーシップ キャンペーンに積極的に関与しています。その中には、IoT が企業や競争にもたらす変化に関する調査が含まれ、この調査に基づく 2 本の記事が Harvard Business Review 誌に掲載されました。

ミットフォードは 2006 年に PTC に入社し、小売戦略を推進するとともに、大手小売チェーンによって採用されているテクノロジおよびシステムを開発しました。その結果、PTC は小売 PLM の業界リーダーとなり、現在もナンバーワンの市場シェアを維持しています。これにより、伝統的に従来のエンジニアリングおよび製造の分野の企業であった PTC が、まったく新しい業界に参入することができました。

PTC がモノのインターネットと拡張現実へ向かう間、機会と脅威、長所と短所を見極めるミットフォードの能力は PTC の事業部門に明白な優位性をもたらしました。

学歴

ペンシルベニア州フィラデルフィアのフィラデルフィア大学で理学士号を取得しています。

エリック・スノウ (Eric Snow)

コーポレート マーケティング担当上級副社長

プレス パッケージ (ZIP 形式) をダウンロード
 

エリック・スノウは、PTC のコーポレート マーケティング担当上級副社長です。現在の役職では、PTC のブランド ポジションおよび企業評判の確立と促進を担当しています。エリックの職務は、同社のブランド アイデンティティおよびコンテンツ戦略の監督、ソート リーダーシップおよび企業コミュニケーション、PTC の看板イベントである LiveWorx を介した経験価値マーケティングや Corporate Experience Center など、多岐にわたります。

経歴

PTC 入社前は、CA Technologies などの複数のエンタープライズ テクノロジー企業でマーケティングおよびコミュニケーションの上級職に就いていました。エリックはそのキャリアを進む中で、多国籍企業、起業したばかりのスタートアップ、ベンチャー キャピタル企業、非営利組織、米国政府などに戦略的コミュニケーション サービスを提供してきました。コミュニケーション企業 Blanc & Otus のボストン支社でゼネラル マネージャを務め、グローバル コミュニケーション企業 Fleishman-Hillard でさまざまなリーダーシップの役職を歴任しました。

学歴

バブソン大学で MBA を、ジェームズ マディソン大学で学士号を取得しました。モノのインターネット、国の電気通信事業に関するポリシー、医療改革など、幅広いトピックに関する記事を執筆したり、プレゼンテーションを行ったりしています。